【無料エロ漫画・エロ同人誌】橋の下で落ちてたエロ本に興味をもった綾波レイがその本を触ろうとしていたが、それを見つけた碇は汚いから僕の本を見せてあげると制止した流れで綾波と毎日セックスする関係に。だがおっぱいを吸おうがクリを弄ろうが挿入しようが全くの無反応の綾波を見て碇は「コンドームが悪いのかも知れない」と思い、生挿入を試みるのであった…


新世紀エヴァンゲリオン/エヴァ/EVA関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!